株式会社みどり工学研究所 会社案内

お問い合わせ

ご質問やお見積りなどございましたら、お気軽にご連絡ください。

ロゴに込めた想い

みどり工学研究所_ロゴマーク

文明が発生し、人類の活動領域が拡大していくにつれて、木材の使用量や開拓地の面積が増えたことによって、世界の森林が少なくなってきています(森林破壊)。

焼畑耕作が熱帯林減少の直接の原因の一番高い割合を占めています。これにより、植物が光合成のときに吸収していた二酸化炭素量が減少し、さらに産業や交通の発達により二酸化炭素が大量に大気中に排出されるようになりました。これが温室効果ガスとなり、地球の温暖化が進んでいます。

近年の異常気象による風水害や砂漠化は、この温暖化現象が原因であると考えられています。これにより作物の安定供給が困難になってきており、日本においては農業離れ等の原因により食物は輸入に頼らざるをえません。しかし、安価な外国産の食物も農薬汚染により決して安全であるとは言えません。また、日本同様にいづれは国内の自給自足が困難になり、輸出量は減少していくことでしょう。

いつまでも外国からの輸入に頼っているわけにはいかず、国内で無農薬で安全な食物が大量生産できるシステムを構築する必要があります。

左側の青は「水」、右側の緑は「みどり」を表し、水とみどりという環境問題にも取りざたされているこの2つの要素を正常化、システム化することによって、安全で豊かな食をコンサルティングしていくことを社命とし、活動していくことの象徴です。

一番上へ