事業継続計画【BCP】
top1

お問い合わせ

ご質問やお見積りなどございましたら、お気軽にご連絡ください。

事業継続計画 【 BCP 】 とは

最近よく聞く 「 BCP 」 とは・・・

事業継続計画(Business Continuity Plan:BCP)とは、災害や事故など不測の事態が発生した際に、会社の存続に関わる重要な業務をできる限り継続、仮に中断してもできる限り短期間で重要な業務を再開させ、業務中断による顧客の流失、マーケットシェアの低下、企業評価の低下を防ぐための経営戦略です。

このBCPは、2001年9月11日の世界貿易センター(WTC)を襲った米同時多発テロ以降、世界中でクローズアップされてきています。

日本においても、平成17年(2005年)3月の中央防災会議での「地震防災戦略」で、今後10年間の企業のBCP策定など防災への取り組み目標を設定しています。さらに同年8月には経済産業省と内閣府から「事業継続計画ガイドライン」を、翌年2月には中小企業庁から「中小企業BCP策定運用指針」が発表されました。

異常気象や大規模災害が続く近年、「万が一」の後も会社を経営していくためにBCPは必須の対策となりました。BCPが万全ではないという会社の方はぜひ想像してみてください。

あなたの会社に2011年3月に起こった東日本大震災の津波が直撃したら、どうなると思いますか?

BCPが必要となる「不測の事態」とは・・・

地震・津波・洪水・火災・新型インフルエンザの蔓延・社員旅行中の事故や災害による多数の入院者が出た場合 等…

概念図

事業継続計画(BCP)_概念図

事業継続計画(BCP)を作成すると

BCPを策定し事前対策を立てておくことによって、災害が発生しても業務の操業度をある程度許容限度内で確保することができます。また、被災後もある許容期間内に業務を復旧することができます。これにより、災害の前後で競合他社と競争力の差が生じ、マーケットの拡大につながります。

BCPが防災計画と異なる点は、適用範囲が災害時のみにはとどまらない点です。事故や疫病など、企業経営を脅かす様々な要因にまで事前対策を立てることが事業継続計画(BCP)です。

一番上へ